二次会の景品は皆笑いに走ってます

結婚式をしたあとは、若い友人同士で二次会をやるのが大体の結婚式の流れですね。気軽に呑めるし、結婚式には招待しきれなかった友人たちも参加できるのでとてもいい習慣だと思います。でもこの二次会って何かイベントをしないとただの飲み会になりかねないので、大概新郎新婦へのサプライズを用意したり、何かゲームを企画したりしますね。その時に新郎新婦へのプレゼントを用意したり、ゲームの景品を用意したりするわけですが。


私の経験上ではこのプレゼントや景品では大概ろくな目にあったことがない、というのがあるのです。結婚式では上品にまとめられていたのに、二次会のサプライズには大概新郎新婦にはセクハラが用意されているんですよね。まあ、二次会の幹事役って大概新郎の友人ですし、お酒も入っているのでしかたありませんが。ゲームの内容は色々ですが、一番多いのはビンゴゲームですね。まあ一番無難ですし、ビンゴ自体は私も大好きなので構わないんです。


問題なのは景品です。普通に貰って嬉しい物もあるにはありますが、大概がなぜか全身タイツとか鼻眼鏡とか笑いに走りすぎたしょうもない物の確率が高いんです。そして大概それを貰った人はその場で身につけなくてはいけないという。私は馬のかぶり物を当てて二次会の最中それをかぶっていましたし、友人は主役なのになぜか全身レインボータイツを着させられていました。今となってはいい思い出ですが、二次会の景品ってなんでみんなああ笑いに走りたがるんでしょうね。

Posted in 景品 | コメントする

二次会の会場選びは時間がかかる

結婚式の二次会を計画したときに最初につまづいたのが会場選びだった。自分たちでまず、駅に近い、70人くらい入れる、費用は料理だけで4000円くらい、座ってゆったりできる、と条件を出してから雑誌を見て検討した。二次会できます、と書かれていても駅から遠いし、人数が50人ほどしか入れないところばかりで、雰囲気がよさそうでも見学する前に候補から外してしまった。最終的に3軒残ったが、1つはなんとなく雰囲気がよくなかったので2つに絞った。


1つがカフェ、もう1つはホテルの10階だった。どちらも二次会で利用している人が多いためか、マイクやプロジェクターなど必要な機材が揃っていた。カフェの方が雰囲気がよかったのだが、料理がバイキング、席は仕切りがたくさんあるためか、新郎新婦が見にくい席があること、開始時間の融通が利かないがネックだった。会場の雰囲気から二次会をイメージしたときに少し不便かな、とは思った。しかし駅から近い、料金が安いことは魅力的だった。ではホテルはどうかというと、新郎新婦が見やすい、たくさん入れるのはメリットだった。


しかし二次会の会場として見たときに、古すぎて気分が上がらない、10階でエレベーターが1つしかないから移動が困る、料金はご飯と二次会の景品込みのプランだったためか少し割高、人数によってプランの変動が有り得たので、リスクがあった、というデメリットがあった。どちらも決めがたく、紙に書き出してどこを重視すればいいのか点数をつけて、やっと決めることができた。二次会の会場選びにこれほどまで悩むとは思わなかった。

Posted in 場所 | コメントする

ウェディングの二次会会場選びで悩んでいらっしゃる方

ウェディングの二次会会場選びで悩んでいらっしゃる方はおりますでしょうか。今日はそんな方の為にウェディングの二次会会場の選び方についてご紹介させて頂きます。二次会会場の選び方、その1。二次会のイメージやスタイルの方向性を決めましょう。主役の2人に心からリラックスをして楽しんでもらう為にも、二次会のスタイルやイメージを最初にはっきりとさせることはとても大切です。落ち着いた大人っぽい雰囲気にするのか、それとも初対面の方同士でも打ち解けられるようにアットホームで明るい雰囲気にするのか、など二次会の方向性を決めましょう。


二次会会場の選び方、その2。イメージを決めたら、そのイメージに合った会場を探し、出来るだけ早めに押さえましょう。イメージに合った会場を探すのはなかなか大変ですが、人気のある会場は早い段階で予約でいっぱいになってしまう可能性が高いです。思い出に残る二次会にする為にも、インターネットのホームページや雑誌、友人のクチコミなどを利用して出来るだけ早く探し、予約をしましょう。特に結婚式が多く集中しやすい曜日や年末年始などの宴会シーズンに重なる可能性が高い時期は、会場選びが困難になってしまいがちなので注意しましょう。


二次会会場の選び方、その3。会場を決めたら事前に下見をしておきましょう。下見をすることで会場内の雰囲気はもちろん、披露宴会場からの移動のしやすさや、最寄駅からの交通の便の良さ、お料理の内容、ドリンクの豊富さ、おトイレや駐車場といった設備の充実度などが一目瞭然になります。お店の方とも当日の二次会の内容や演出などについて直接相談することも出来るので、下見は必ずしておきましょう。いかがでしたでしょうか。ウェディングの二次会選びの参考にされて下さい。

Posted in ウェディング | コメントする